ペット介護士 資格

MENU

ペット介護士(動物介護士)資格取得ナビ!

当サイトについて

こんにちは!元動物看護師で、現在赤ちゃん子育て中のhanaです。

 

元々結婚するまで近所の動物病院に勤務、妊娠5ヵ月まで獣医のサポートや処置の手伝いなどをやっていましたが、その時は特に資格なく働いていました。

 

でも妊娠5ヵ月を過ぎ、動物病院を退職した途端、暇で暇で仕方なくなってしまったんですよね(^^;

 

そこで、動物介護士の資格取得にチャレンジすることに!

 

当サイトでは、その時の経験を活かして、動物介護の基礎知識から資格取得までの道のりについて分かりやすく解説していきたいと思います。

 

興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

動物介護士とは?

シニア犬

 

動物介護士とは、その名のとおり、病気や高齢になったペットたちの世話をする専門家のこと。

 

動物介護士、ペット介護士、老犬介護士、ドッグヘルパー等など・・・。さまざまな名称がありますが、いずれも呼び方が違うだけで、ペット介護のプロを目指すことに変わりはありません。

 

近年、人間同様ペットの高齢化も進んでおり、老犬ホームをはじめとしたペット介護事業は大きな注目を集めています。

 

また動物病院やペットショップなどののペット業界で働くために資格取得を目指す人だけでなく、最近では自宅の愛犬を介護するために勉強する人も増えているようですね。

 

いずれにせよ、資格を取得することによって、

 

・犬猫の生態や行動の特徴
・健康管理
・栄養学
・排泄介助
・病気の早期発見
・病気の知識
・応急処置
・リハビリの補助
・足腰のトレーニング方法
・しつけ
・グルーミングやトリミングの知識

 

など幅広い知識が身につけられるので、それぞれの目的に合った形で学んでみてはいかがでしょうか。

 

わたし自身も、長い間動物看護師として働いてきましたが、知らないことがたくさんあって本当に勉強して良かったなぁと思っています。

 

【活躍できる主な職場】
老犬ホーム、ペットのデイサービス、動物病院、ペットショップ、ペットホテル、ペットサロン、ドッグカフェ、ペットシッター、老犬シッター、民間の保護施設など

 

動物介護士の資格を取得するには?

資格の種類

先述したとおり、動物介護士資格の種類はいくつかあります。

 

代表的なものを以下にまとめたので、これから取得を目指す方は参考にしてみてください。

 

@小動物介護士

小動物介護士

日本ペット技能検定協会の認定する講座で、ペット介護の専門家に必要な知識やスキルを網羅的に学ぶことができます。修了すると、「小動物介護士」「小動物看護士」「ドッグシッター」の3つの資格が同時に取得できるので、特に「ペット介護の仕事に就きたい!」と考えている人におすすめですね♪

 

講座名 動物看護士・介護士講座
団体 日本ペット技能検定協会
学習期間 約4ヵ月

 

Aドッグヘルパー

ドッグヘルパー講座

ペット資格通信専門校「日本ケンネルカレッジ」が認定する動物介護関連の資格です。家庭でも簡単におこなえる愛犬の健康チェックから専門的な栄養学、老化を迎える前のしつけまで幅広く学ぶことができます。修了すると、JCSA認定「ドッグヘルパー」資格が取得できます。

 

講座名 ドッグヘルパー講座
団体 日本ケンネルカレッジ
学習期間 約3ヵ月

 

B老犬介護士

老犬介護士養成専門講座

こちらも「日本ケンネルカレッジ」が認定する動物介護関連の資格で、より専門的内容になります。こちらの団体は、実際に茨城のつくば市にある動物の専門学校が母体になっているので、開業や就職支援サポートが充実しているのが特徴です。期間は約1年、料金は7万円になります。

 

講座名 老犬介護士養成専門講座
団体 日本ケンネルカレッジ
学習期間 約1年

 

Cペット介護士

ペット介護士

通信講座の大手「がくぶん」が主催する講座で、修了するとペット介護士の認定資格がもらえます。基礎的なテキスト&DVDを中心に学習を進めていくので、初心者でも安心して学ぶことができるのが特徴。受講料も3,9000円と比較的な安価なので、手軽に受講できるのが魅力です♪

 

講座名 ペット介護士養成講座
団体 がくぶん
学習期間 約6ヶ月

 

D動物介護ホーム施設責任者

動物介護ホーム施設責任者

動物介護ホーム施設責任者とは、動物専門の介護施設を運営するために必要な知識を備えていることを証明するためのものです。動物介護士の資格と同時取得でき、希望すれば老犬の介護方法やケアの仕方などを現役の獣医に直接指導してもらうこともできます。

 

講座名 動物介護士&介護ホーム施設責任者 W資格取得講座
団体 日本能力開発推進協会
学習期間 約4ヶ月

 

おすすめの動物介護士資格はどれ?

ここまで5つの動物介護関連の資格を紹介してきました。

 

では、一体オススメはどれなのでしょうか?

 

正直、この答えは一概には答えられません。

 

なぜなら、それぞれの目的や学習したい内容によって適する講座は異なるからです。

 

例えば、自宅の愛犬を介護するために資格取得を目指す人と、一方で資格を活かして就職を目指している人では受講すべき講座が違うのは当然ですよね。

 

(ちなみに、私は将来のことも考えて小動物介護士の資格を取得しました。)

 

もし、あなたが仕事に活かしたいのであれば、絶対に就業や開業に関するアフターフォローが充実していたり、実際に講師から指導してもらえる実技スクーリングを設けているような講座を選ぶべきだし。そうじゃないのであれば、それらのサポートは必要ないと思います。

 

なので、まずは各講座の資料を取り寄せてみて、自分に本当に合った講座がどれなのかをよく吟味する必要があるのです。

 

とはいえ、自力ですべての講座を調べて、一つずつ個人情報を入力し、さらには比較して絞りんこんでいく作業は手間も時間もかかって大変です・・・。

 

そんなとき、「ブラッシュアップ学び」のような動物介護士に関する講座を無料で一覧比較&一括資料請求できるサービスを利用すると便利です♪

 

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ学びキャプチャ

「ブラッシュアップ学び」は業界No.1のスクール情報サイトです。動物介護士の資格が取得できる講座を一覧比較&気になる学校のパンフレットを無料請求することができます。無料で送られてくる資料には、講座のカリキュラムや料金だけでなく、獣医が監修した手作りフードのレシピや健康チェックリストなどが掲載されていてパラパラと眺めてみるだけでも楽しいですよ。

 

詳細ページボタン

 

実際に無料でパンフレットを取り寄せてみました♪

ブラッシュアップ学び

私も、ブラッシュアップ学びを利用して、動物介護士の資料を一括で取り寄せてみました。

 

サイトで必要事項を入力して、問い合わせから数日後ポストを覗いてみると、

 

・動物看護士・介護士講座
・ペット介護士養成講座
・ドッグヘルパー講座
・シニアドッグヘルパー講座
・老犬介護士養成専門講座
・動物介護士&介護ホーム施設責任者

 

等など・・・。

 

計10個の講座からパンフレットが届いていました。

 

中身を確認してみると、講座のカリキュラム以外にも、しつけや食事の基礎知識や獣医師さんが考案したス安全な健康フードのレシピなどもたくさん載っていて、雑誌感覚でパラパラと眺めてみるだけで楽しい気分になってきます♪

 

そして何より、煩わしい営業電話などが一切なかった点が、私的には嬉しかったですね(^^;

 

申し込みも簡単で、30秒程度で完了するのでぜひ試してみてください。

 

→「ブラッシュアップ学び」で無料パンフレットを取り寄せる!

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

老齢や病気を患うペットたちのお世話をするペット介護士。これから益々ニーズの高まる仕事として注目されていますが、ペット介護士の資格を取得するには、一体どうすれば良いのでしょうか?ペット介護士の資格を取得したいのであれば、ペット介護士の講座やカリキュラムを実施しているスクールに通ったり、通信教育を受講する必要があるでしょう。将来はペットに関係した仕事に就きたいと真剣に考えている人であるなら、きちんとした専門学校に通ってから、ペット介護士の資格を取得したいと考えるのも当然でしょう。しかしながら、ペット介護士のみに特化したコースを提供している専門学校はほとんどないのが現状となっています。そのため、ドッグトレイナーやドッグトリマーなどの専門学校において、それらの専門知識を身に付ける過程でペット介護士の資格も取得できる場合がありますその場合、ペット介護士の資格を取得するまでに最低でも1年かそれ以上は掛かるとみておいたほうが良いでしょう。先述した通り、スクールに通う方法と自宅で通信教育を受講して取得する方法、そして専門学校に通って資格を取得する方法がありますが、ペット介護士の資格のみ取得したいと思うのであれば、専門学校に通う必要はないでしょう。最近では全国各地で老犬ホームを営む施設が増えてきました。もしも、そんな施設での就職を希望しているのであれば、通信教育などでペット介護士の資格を取得してから、それらの施設に求人応募することができるでしょう。民間資格とは言え、ペット介護士の資格は、やはりペット介護のスペシャリストである証しとなります。ところが、ほとんどの場合においては、現場にて学ぶことのほうが通信教育で学ぶことよりも、遥かに有益で沢山あることを思い知らされることになるでしょう。ですから、ペット介護士の資格は、まずはペットビジネスの世界に潜入するためのパスポート的な役割と思って取得することができるのではないでしょうか。そのため、半年以内でその資格を取得できる通信教育は、非常に適していると言えるでしょう。
更新履歴