認定ペットシッター

MENU

認定ペットシッター(全国ペットシッター協会)とは?

旅行や泊りがけの仕事でペットの世話ができない、または要介護ペットだけど仕事をしている間だけ誰かにお世話を頼みたい。

 

そんな時に利用できるのがペットシッターなのではないでしょうか。

 

そこで今回は、全国ペットシッター協会が認定している、認定ペットシッターという資格についてご紹介したいと思います。

 

認定ペットシッターの資格とは?

全国ペットシッター協会が主催しているペットシッタースクールにおいて、認定ペットシッターの資格は取得可能となります。

 

大切なペットを預かる仕事であるペットシッター業ですが、適当にペットのお守りをしていれば良いという仕事ではありません。

 

むしろ、生き物を扱う仕事であるだけに、かなり神経を使う仕事であると言えるでしょう。

 

認定ペットシッター養成講座では、ペットの取り扱いに関する正しい知識、しつけ法や健康チェックの仕方など、ペットのお世話にプロフェッショナルに欠かせないポイントを学ぶことができます。

 

基本的には通信講座での受講となりますが、ペットシッターのプロとしてすぐに活躍したい方や、開業を目指す方は通学講座を通して学ぶことができます。

 

ペットシッターのプロを目指せる認定ペットシッター資格

全国ペットシッター協会の認定ペットシッター養成講座は、環境省によってペットビジネス開業に必要な動物取扱責任者としての申請要件を認可されているため、資格取得後にはペットシッター業を開業することができます。

 

そのため、プロとしてペットシッター業を運営したいと思っているのであれば、こちらの認定ペットシッター資格を取得しておくと良いかも知れません。

 

ペット介護士の仕事をするのにも、ペットの扱い方を重点的に学ぶことができるペットシッターの知識は役立つに違いありません。

 

また独立開業するのであれば、まずは全国ペットシッター協会の認定ペットシッターの資格を取得しておくなら、ペット介護士の仕事を独立して行うのもスムーズに運ぶのではないでしょうか。