ペット介護士 資格 取得

MENU

ペット介護士の資格を取得するには?

動物に携わる仕事をしたい、ペットが年老いてきたので、きちんと知識を身につけ介護をしてあげたい、トリマーとしてスキルアップをしたいとペット介護士の資格取得を目指されるきっかけは様々でしょう。

 

ペット介護士の資格取得を目指すには、通信講座もしくは専門学校という方法があります。

 

自分は、専門学校派?通信派?どちらでしょうか?

 

通信講座で取得がお奨めの方

仕事や通学、育児にと毎日の通学が難しい場合、勉強時間を自由に調整できるうえに、短期間で取得可能な通信講座がお奨めです。

 

通信講座は比較的費用も安く済むので、すでに動物関係の仕事をされている方のスキルアッップにもおすすめです。

 

通信講座の場合、テキストとDVDなどを活用し学習を進めます。

 

たとえば、実技のDVDでは小型犬がモデルだった場合、健康な犬がモデルを務めている場合、実際の介護の現場では何かと戸惑う場面もあるでしょう。

 

ですから、講座受講期間中に、ペット介護士の現場に見学にゆく、アルバイトをするなどの工夫をされるとよいでしょう。

 

講座によっては、実技実習を行うものもありますので、講座を申し込む際には、カリキュラムの内容、期間、費用、実技講習の有無等確認の上、申し込みを行いましょう。

 

専門学校がお奨めの方

ペットを飼ったことはあるものの、自分の家のペット以外にはあまり触れたことがないという方も多いことでしょう。

 

そのような方の場合、専門学校への通学がお奨めです。

 

同じ種類の動物、犬種でも、自分の家の犬とそうでないのとでは扱い方も大きな違いがあります。

 

ですから専門学校で、様々な動物に触れ、扱い方を身につけ、実技講習をしっかりとこなすことで、いざ、介護の現場へ出る時には、戸惑うことなく仕事を始められるでしょう。

 

専門学校の場合、実技を伴いながら学習を進めるので、初めての内容も理解しやすいでしょう。

 

ただし、費用が高額なうえに、平日は毎日通学がありますので無理をしないで続けられる方法を選ぶとよいでしょう。