ペット介護士とは

MENU

ペット介護士とは?

動物看護士の仕事と混同されがちなペット介護士の仕事。

 

最近人気が出てきた新しい職種であるため、まだまだその認知度は低いと言えるでしょう。

 

果たして、ペット介護士とはどのような仕事をするのでしょうか?

 

ペット介護のスペシャリスト!

近年の日本において長生きするペットが増えてきましたが、一方で仕事やその他の家庭の事情で介護の必要なペットの世話をし切れなくなっている家庭も多いようです。

 

介護の必要なペットは実に様々で、老齢のため介護が必要なペットの他にも、事故や病気などで介護を必要とするペットなども含まれるでしょう。

 

そのようなペットたちと飼い主のための救世主となるのが、ペット介護士なのです。ペット介護士とは、いわばペットの介護のスペシャリスト。

 

犬をはじめとしたペットたちの身体的なケア方法や健康管理、応急処置や健康を維持するための食事などについての知識を有している必要があります。

 

時代のニーズにぴったりな仕事?

長生きな人が多い日本。暮らしやすいことや非常に衛生的で健康に気を使う人が増えたため、人々の寿命の長さでは世界でもトップクラスを維持しています。

 

もちろん、人間も年を取れば動物も年を取ります。かつてはそれほど長くなかったペットたちの寿命は、どんどん延び、それと共に介護が必要になる老年ペットの数も増えてきました。

 

しかしペットと言えども、もはや自分で動けなくなったり体の具合が悪くなってしまったペットたちの世話をするのは容易なことではありません。

 

時には、24時間体制でケアに当たらなければならない状態のペットもいるでしょう。そんな時には、飼い主の気力も体力も多いに消耗されるのではないでしょうか?

 

ペットを飼うことに伴う責任を全うするためには、時として人の助けを借りことも必要でしょう。

 

そのため、ペット介護士はペットはもちろん、飼い主にとっても非常にありがたい存在であると言えるのではないでしょうか。