動物介護ホーム施設責任者 資格

MENU

動物介護ホーム施設責任者資格(JADP)とは?

最近の日本では、新しい建物が建設中だと思うと、介護施設や老人福祉施設などである場合が多くなりました。

 

これは、それだけ日本社会の高齢化が進んでいる証拠ですが、ペットの世界でも同じことが起きているようです。

 

そこで今回は、老犬ホーム運営には欠かせない資格である、動物介護ホーム施設責任者資格についてご紹介したいと思います。

 

資格取得で開業を目指そう!

ペットビジネスを運営するに当たり、取得しておいたほうが良い資格というものがそれぞれの分野には存在します。

 

ペットシッター業であればペットシッター資格、ペット介護士の資格であればペット介護士の資格を取得しておいてきっと損はしないはずです。

 

それらの資格は民間の資格ですが、クライアントから信頼されるためには、これらの資格が良い役割を果たしてくれることでしょう。

 

加えて、ペットビジネスを運営するためには、動物取扱責任者として自治体に登録する必要があります。

 

そしてこのJADPが認定している動物介護ホーム施設責任者の資格も、老犬ホームなどのペットの介護施設を運営するのであれば、是非とも取得しておきたい資格と言えるのではないでしょうか。

 

JADP認定の動物介護ホーム施設責任者資格とは?

日本能力開発推進協会が認定する動物介護ホーム施設責任者の資格は、JADP協会が認定している教育機関が開講している講座を修了し、試験に合格することによって取得可能となっています。

 

通信教育の大手であるキャリアカレッジジャパンにおいては、JADPが動物介護士と動物介護ホーム施設責任者の資格をダブルで取得できる講座があります。

 

それらの講座を受講するのであれば、スクーリングによる実技講座を受ける機会があったり、また開業するために必要なサポートを受けることができるでしょう。

 

試験を受けるためには、受験料5,600円を支払った後に試験を受ける必要があります。

 

ペット介護士の資格と違い、動物介護の基礎知識の他にも、ペットの介護施設運営に関する知識などについての問題が試験として出題されます。