ペット介護士 就職

MENU

ペット介護士|就職するにはどうすればいい?

ペットに関わる仕事は人気が非常に高い仕事と言えますが、ペット介護士の仕事も年々人気が出てきている仕事と言えるでしょう。

 

そんなペット介護士として就職したいと思った場合、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

ペット介護士として就職したいと思ったら…

ペット介護士として就職したいと思っているのであれば、積極的に行動する必要があるでしょう。

 

ペット介護士の求人や就職口があった場合、人気が高いためにすぐに埋まってしまう場合がほとんどです。

 

そのため、ペット介護士の求人がありそうな施設に自分で営業を掛けにいくのも、一つの方法と言えるのではないでしょうか。

 

しかし多くの場合、資格所有者であることよりも、ペットを扱う仕事をしたことがあるかないかの経験を重視されることがほとんどとなっています。

 

ですから、まずはペットサロンやペット販売業などに就職した後に、ペット介護士としての就職先を探したほうが採用率は高まると思って良いのではないでしょうか。

 

就職には資格が有利?

ペット介護士としての就職先探しには、果たして資格が有利に働くのでしょうか?

 

ペット介護士の資格が国家資格ではないことを考えるならば、必ずしも資格のみが就職にとって有利に働くものではないことが理解できるでしょう。

 

確かに、大きな動物病院などにおいては、動物系の専門学校を卒業したペット介護士を優遇する所などもあるようです。

 

しかし、その他の施設などにおいては、資格不問で求人募集をかけていることもあるようです。

 

人間の介護士に求められるような、一般的な常識や体力、相手のことを気遣える性質であるかなどがペット介護士として求められることがあるでしょう。

 

資格重視というよりも、ペット介護士としての適正を満たしていることに重きを置いて採用されることがあります。

 

そのためペット介護士としての資格があったからといって、就職に有利に働くものではないという事ができるのではないでしょうか。