動物介護士資格

MENU

動物介護士資格(JADP)とは?

ペット介護士の資格を目指している方であれば、たくさん存在する講座の中から、自分に一番ぴったり合った講座で資格を取得したいと思うのではないでしょうか。

 

そんな数あるペット介護士の資格の中でも、今回は動物介護士資格についてご紹介したいと思います。

 

日本能力開発推協会認定の動物介護士資格とは?

幅広い分野で資格認定を行っている日本能力開発推進協会(JADP)では、ペット介護士と同じ種類の資格である動物介護士の資格認定も行っています。

 

こちらのJADPが認定している動物介護士の資格を取得するためには、協会認定の教育機関が開講している講座を修了することが求められます。

 

協会認定教育機関が開講している通信講座などの講座内容としては、加齢による影響を受けたペットたちのケア方法、そして加齢からくるペットの病気に関する基礎知識などがあげられます。

 

カリキュラム修了後には、その内容の中から試験が出題されますが、受験料5,600円を支払った後に自宅で受験することが可能となっています。

 

70%以上正解すれば合格になり、合格すれば約1ヶ月後に動物介護士としての資格合格認定書を受け取ることができます。

 

動物介護士はどんな職場で活躍できるの?

キャリアカレッジジャパンなどの通信教育機関において、約4ヶ月間の学習期間を終えた後に取得することができる動物介護士の資格ですが、この資格を取得すると一体どのような場所で活躍することができるのでしょうか?

 

動物介護士になると、まず老犬ホームやペットホテル、動物病院やペットサロンなどで介護サービスを行っている所などで働くことができます。

 

また、キャリアカレッジジャパンでは動物介護士の講座と、動物介護ホーム施設責任者の両方の資格を取得できる講座が用意されています。

 

同教育機関では開業サポートも受けることができるので、JADP認定の動物介護士の資格を取得した後に、ペット介護のスペシャリストとして独立開業することもできるでしょう。