ペット介護士 資格 種類

MENU

ペット介護士|資格の種類はどんなものがある?

ペットの高齢化社会が到来したとも言える現代の日本社会。そんな中、ペット介護士の需要は益々増える一方なのではないでしょうか?

 

動物関係の資格の中では、まだまだ認知度は低めであるペット介護士ですが、ペット介護士の資格の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ペット介護士の資格の種類とは?

ペット介護士は民間資格となり、同じ種類の資格としては動物看護士の資格があげられるでしょう。

 

しかしながら、動物看護士の資格は通信教育の他に、ペット関連の専門学校で取得する方も多く、就職先としても獣医のアシスタントなどがあります。

 

また、ペット介護士と似た資格として小動物介護士という資格も存在します。

 

小動物という名称からハムスターや小鳥などの小動物の介護をイメージしてしまいますが、実際にはペット介護士と同じで、介護の必要となった犬や猫の世話をする仕事となります。

 

それぞれに活躍の場は少しづつ異なりますが、単独でそれらの資格を取得するよりも、ペットシッターやドッグトリマーなど、その他のペット関連の資格と一緒に取得する人が多い傾向にあります。

 

その他のペット介護士資格の種類

ペット介護士と同じ種類の資格に、ペットヘルパーや動物介護ホーム施設責任者資格、老犬介護士などの資格が存在します。

 

ペットヘルパーの資格は、名称が異なるだけで、仕事内容としてはペット介護士と全く同じ内容の仕事となります。

 

しかし、動物介護ホーム施設責任者の資格は、独立してペットのための介護施設を運営するための資格であると言えます。

 

こちらの資格もペット介護士の資格と同様に民間の資格となりますが、ペットの介護施設を運営する者として、ふさわしい知識や専門性を持ち合わせているかどうかを証明する大切な資格となっています。

 

そのため、ペット介護士の資格を取得した後に、もしも独立してペットの介護施設を開く予定でるならば、取得しておいて損はない資格であるという事ができます。