ペット介護士 資格 無し

MENU

ペット介護士の資格が無くても働ける?

ペットに関する資格は、獣医師以外は、ほぼすべて民間の認定資格です。つまりは、資格を取得していなければ、開業できない、就職できないというものはありません。

 

トリマーも、看護師もトレーナーも独学で知識を身につけ、技術を磨き開業することも可能です。

 

どうして資格が必要なの?

ペットが好き、ペットを飼ったことがあるという方は、非常に多いことでしょう。

 

でも、依頼者の立場にたった時、「ペットが好き」であることは、ごく当たり前なことなのです。

 

資格を持っているということは、依頼者へ提供するサービスの「保証書」と考えてみてください。

 

自分がどの講座を学び、どのような技術を習得したのか、どんなに独学で学んでも、その内容を説明し、相手に伝えるのは困難です。

 

でも資格という形で認定をうけることで、その説明は容易なものになるのです。

 

資格にうらうちされた知識と技術があること、だからこそ、安心してサービスを利用してくださいということが出来るのです。

 

就職活動はどうでしょうか?

ペットショップ、トリミングショップ、老犬施設等の求人をみると、「未経験者応募可能」「資格不要」という応募条件をよく見かけます。

 

確かにペットの資格は民間資格ですから、よほどの提携関係にない限り、店側が資格名を指定し求人を行うことはないでしょう。

 

しかし、その職場で、すでに働いている方々はみなプロなのです。プロの世界に新たに就職をしようと考えたときに、「ペットが好き」というだけでは、通用しないことは明白です。

 

講座を受講することで、今まで知らなかった知識を身につけ、実技を経験し、先輩の声を聞くことが大きな糧にもなるのです。

 

資格を取得していることで、自分の専攻分野は何か?得意とする分野は?自分はどのような方向に進みたいのかを明確に相手に伝えることができるでしょう。

 

就職後のスキルアップの為にも、まずは自分の専攻やもっている知識、経験を相手にアピールするためにも資格取得は必要なものだといえるのです。