老犬介護士

MENU

老犬介護士(JCSA)とは?

ペット介護士が主にケアすることになるペットは、老犬であることが多いのではないでしょうか?

 

そのため、ペット介護士ではなく老犬介護士という名称で呼ばれることもあります。

 

そこで今回は、JCSAが認定している老犬介護士の資格についてご紹介したいと思います。

 

JCSAが認定している老犬介護士の資格とは?

一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定している老犬介護士の資格を取得するには、協会の認定校が行っている講座を受講し修了することが必要になります。

 

認定校の通信教育を受講し修了した後には、ライセンス認定試験が行われることになりますが、会場などで行われる訳ではなく、主に在宅での試験となっています。

 

優秀な人材を育成する目的で設立されたJCSA認定の老犬介護士の資格は、マスターライセンスとインストラクターライセンスがあります。

 

マスターライセンスを取得するには、「老犬介護士養成専門講座」を修了して試験を受けることが求められます。

 

また、さらに上のインストラクターライセンスを取得しようと思うのであれば、まずはマスターライセンスを取得していることが前提になります。

 

その後、実技スクーリングに参加することによって、それぞれの能力に応じて老犬介護士のA級、B級、C級のインストラクターライセンスを取得することが可能になります。

 

JCSA認定の老犬介護士の資格はどこで取得できる?

JCSA認定の老犬介護士のマスターライセンスを取得する試験の受講料は無料ですが、ライセンスの交付料が6,000円かかります。

 

また、インストラクターライセンスにおいては、受験料が各級5,400円となりライセンス交付料は8,100円となっています。

 

このJCSA認定の老犬介護士の資格を取得しようと思うのであれば、日本ケンネルカレッジなどが主催している通信教育を受講すると良いでしょう。

 

日本ケンネルカレッジの老犬介護士養成専門講座の学習期間は5ヶ月とされていますから、順調にいけば半年以内でペット介護士として活躍することができるでしょう。