ペット介護士になるには 一人前

MENU

一人前のペット介護士になるには?

仕事をするうえで、一人前になるという目標はとても大切な事です。

 

ペットの介護士として、一人前になるとはどのようなことなのでしょうか?

 

専門知識よりも、スキル

資格を取得し、開業したり、就職をするとつい、「プロ」という意識が芽生え、専門知識ばかりが先行してしまいがちです。

 

でも、ペット介護士に求められているのは、教科書通りの知識を披露することではなく、目の前にいるペットの負担をいかに軽減してあげることが出来るか、飼い主の求める介護、サービスをどれだけ的確に理解し、提供できるかが大事なのです。

 

一人前になるためには、教科書や専門書をよむばかりではなく、現場に積極的に出て、1頭でも多くのペットの介護に触れ、飼い主からの声を聞くことが重要です。

 

どれだけ多くのペットに触れたかで、差は歴然とでるものですから。

 

大切なことは、共感力

高齢になり介護を必要とするペット。

 

でも飼い主からみれば、子犬の頃からのたくさんの想い出がある大切な家族です。ペット介護士として接するうえで、大切なことは、飼い主の思いにいかに共感できるかでしょう。

 

こちらが良かれと思って指導した介護方法も、長年共に暮らしてきた飼い主からすれば、うちのペットにその方法は無理だ、向いていないということもあるでしょう。

 

そのような場面で、杓子定規に、こちらの主張をおし通すのではなく、それぞれの家庭、ペットにあった最適な方法を改めて提案することが出来ることこそが、一人前のペット介護士といえるのです。

 

明るく、笑顔で

元気で、楽しく共に過ごしてきたペットが、介護が必要な状況になってしまった時、家族はとても悲しみ、落ち込むものです。

 

治療や手術をしても完治する見込みがないともなれば、なおさらのことでしょう。

 

高齢になり、寝たきりのペットを前にして、介護する側も気持ちが落ち込むものです。

 

でも、介護士として、一緒に悲しむばかりではなく、こうすれば負担を軽減できる、こうすればより快適にすごすことができるといった提案をすることで、家族にも笑顔が戻る場合があります。家族の笑顔を増やすことも介護士の大切な役割なのです。