ペット介護士 開業

MENU

ペット介護士として独立開業するには?

ペットに関わる仕事がしたい、と思う方が今注目している仕事として、ペット介護士の仕事があります。

 

ペットサロンやペットホテル、その他にもペットの介護ホームなど様々なペット施設で需要の高い資格の一つとなっていますが、ペット介護士として開業するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

ペット介護士の資格だけでは無理?

ペット介護士は、ペット業界の中でも今最も注目されている仕事と言えるでしょう。益々その需要が高まりそうな気配に、ペット介護士として独立開業を目指す方もおられるかも知れません。

 

ところで、ペット介護士として開業するためには、一体どんな資格が必要なのでしょうか?

 

ペット介護士の資格を持っていると良いでしょうが、それだけでは開業することは出来ません。

 

ペット関連の資格は国家資格ではありませんが、動物取扱責任者として自治体に登録する必要があります。

 

動物系の専門学校、もしくはペットに関わる仕事を半年以上経験したことがある人であるなら登録する条件を満たしていると言えます。

 

もしもそうでない場合は、民間教育機関で資格試験を受けて合格する必要があります。

 

また、動物介護ホーム施設責任者という資格も存在しますが、ペット介護士として介護ホームを運営しようと思っているのであれば、こちらの資格も取得しておくと良いでしょう。

 

ペット介護士として働いた後の開業がおすすめ

ペット介護士の仕事をしたことがないのに、すぐに開業してそれを本業にしようとするのは危険と言えます。

 

介護の仕事は、やりがいもありますが、基本的には非常なタフさが求められる仕事です。

 

そのため、ペット介護士として経験を積んでからの開業をおすすめしたいと思います。

 

老犬ホームやドッグカフェなどの施設で働いた後であるなら、きっと様々なペットの介護法をマスターすることができるでしょう。

 

ちなみに、ペット介護士で独立しようと考えている方や実際にすでに独立されている方などは、介護ホーム責任者やペット介護士の資格の他にも、ペットシッターや愛玩動物飼養管理士などといった資格も取得済みの方が多い傾向にあると言えるでしょう。