ペット介護士 合格率

MENU

ペット介護士の資格|試験の合格率はどれくらい?

ペットを一度でも飼ったことがある人なら、ペット介護士の仕事の重要性がよく理解できるのではないでしょうか。

 

ところで、ペット介護士の資格を取得しようと思った時に気になるのがその合格率ではないでしょうか。

 

ペット介護士の資格の合格率は、一体どれくらいのものなのでしょうか?

 

ペット介護士資格の合格率について

ペット介護士の資格を取得するためには、ペット介護士の講座を持つ教育機関のスクールに通うか、通信教育を修了する必要があります。

 

そうすることにより、その教育機関が実施している試験を受験する資格が与えられ、それに合格するとペット介護士の資格が付与されることになります。

 

その資格の合格率を明らかにしている協会はほとんどありません。

 

しかしながら、しっかりと講座内容で学んだことを知識として身に付けているのであれば、その試験に合格することはそれほど難しいことではないでしょう。

 

試験内容としては、病気の知識や応急処置の仕方、健康維持のための食事や身体チェックの仕方などから出題される傾向にあります。

 

受講する講座によって資格の合格率に差がでることも?

動物介護士、ペットヘルパーや小動物介護士など、ペット介護士と同様の資格は、それぞれの教育機関によって名称が異なります。

 

名称が異なるのと同じく、講座によってもペット介護士の資格取得の難易度は変わってきます。そのため、合格率も当然違ってくると言えるでしょう。

 

しかしながら、ペット介護士の資格が民間の資格であることを考えるのであれば、どの講座においても極端に難しいということはないはずです。

 

なぜなら、ペット介護士の仕事は資格があるから仕事のクオリティが高いというものでもなく、実際には介護の経験がどれほどあるのかが重要であるからです。

 

そのため、ペット介護士の資格を取得したいと願うのであれば、まじめに講座の勉強に取り組むことが一番大切になります。

 

そうすれば、必ずペット介護士の資格を取得することができるでしょう。