ペット介護士 テキスト 本

MENU

ペット介護士の資格|おすすめのテキスト&本

ペット介護士の資格が欲しいのであれば一般的には、通信教育などで学んだ後に試験に合格しなければなりません。

 

しかし、再試験を受けなければならない場合には、独学でペット介護士の資格にチャレンジしようと思われる方もおられるのではないでしょうか?

 

そんな方のために今回は、ペット介護士の資格取得におすすめのテキストと本をご紹介したいと思います。

 

資格取得を目指す方におすすめの本

再試験を余儀なくされた方、もしくはご家庭の老犬や老猫の介護のために役立てたいと思っている方など、様々な状況の方がおられることでしょう。

 

そんな方たちのためのおすすめ本としては、『明るい老犬介護』(児玉 小枝著)があげられます。

 

この本によって、年老いて歩くことも食べることも困難になってしまった犬とどのように接することができるのか、最後までペットを看取るとはどういうことなのかを知ることができるでしょう。

 

そのほかのおすすめ本

『老犬生活 完全ガイド』(若山 正之著)も、本の中に写真が多く使用されており、大変わかりやすいテキストとなっています。

 

老犬の介護は、日に日に弱るペットたちと接するため、介護者の気持ちを明るく前向きに保つのが難しいことがあります。

 

ところが、このテキストを読むと前向きに介護を頑張ろうという気持ちを保つことができるでしょう。

 

介護にとって必要なポイントやテクニックが幅広く載せられているので、ペット介護士を目指す方にとっては、非常に役立つテキストと言うことができます。

 

また、『シニア犬のケアと介護』(井本 史夫著)では、ペット介護の入門書としてぴったりなテキストと言えるでしょう。

 

わかりやすく、犬の老いとは何かをチェックする方法や、老いへの対処法を知ることができます。

 

ペット介護士の仕事は、経験を積むことがとても大切になります。それぞれの犬によって老いの状況は違うでしょうし、最善なケアの仕方も変わってくることでしょう。

 

しかし、ペット介護士として基本的な知識を培うこともプロとして必要と言えるでしょう。そんな時、これらの本やテキストが傍らにあれば、役立つのではないでしょうか。